経営方針

経営目標

  • 当社の成長および長期安定経営を目指し、コアービジネスである国内配電事業においてはシェアの拡大及び新分野開拓に努め、第二、第三のコアー事業として民間事業、海外事業に積極的に挑戦します。
    また風力など再生エネルギー、環境分野で新事業の開発を促進します。
    このために風土改革や人材、技術の向上に努め、グローバルな生産・開発体制をさらに進化し強固なコスト体質の構築を進め、パートナーおよび協力会社との連携協力を推し進めます。

経営目標達成のための指針

パートナーシップ

  • 全ての電力会社様とお取引させて頂いていることを大きな資産と考え、品質・コスト・供給・サービス面で、業界をリードできる企業体質により、この資産を有効に生かし、営業・技術問わず、全員参画による顧客とのパートナーシップを築く。 なお、グループ会社とは電力関連以外の事業分野も視野に入れて協力体制を堅持する。 また、協力会社様とは部品品質の維持・コスト低減を長期に進められる良い関係を築く。

    新分野の開拓

    • 近年の自由化に代表される新しい市場競争、ボーダーレスとなった業界、環境問題から派生する新エネルギー分野で戦うことを念頭に全員の自発的行動による自己研鑽と技術開発・市場開拓・製造生産を進める。

    グローバル化

    • 事業の進め方、技術開発、調達、生産、販売に関してグローバル化とローカル化の考え方を常に推し進め、また機を見て他社とのアライアンスが検討でき、協業に乗り出す広い視野と国際市場に飛び出せる行動力を持つ。

    人材の育成

    • 「あるべき人材像」を明確にしたキャリアプランを作成し、計画的な人材の育成を図る。また、職場の活性化および社員のモチベーションアップに向けて、規程や人事評価制度、報酬体系の見直しを図り、自由闊達な組織風土を醸成できる職場づくり・環境づくりを目指す。

    • 技術の向上

      • NKEのコア技術を常に進化させるよう、新技術の習得と技術伝承を十分かつ効率的に行う環境を整え、新しい提案や独自技術の開発により業界での優位性確保を目指す。

      • 強固なコスト体質

        • 業界でコストが一番安くなる強固なコスト体質を作り、高付加価値の製品開発と話題性がある製品作りを目指し、自社の独自技術を常に研鑽する。
          また社内を横断したコスト体質と攻めの開発により、全員参加による長期的に安定した経営を目指す。
(C) 2006 日本高圧電気株式会社