NKEトップページへ 日本高圧電気株式会社 English 中文
Nippon Kouatsu Electric

高圧電気のまめ知識

当社の製品
高圧カットアウト(遮断器)は電路の開閉及び変圧器の保護をする役割をもっています。 例えば変圧器内の絶縁油の経年劣化による内部短絡で大電流が発生し、爆発事故が起きた場合、波及事故が変電所まで広がらないようにカットアウトが 電路を遮断します。
一般用、耐塩用、耐雷用といった仕様があり、当社製品は全国シェア50%以上を占め、電力会社、鉄道会社等で広く使用されています。
高圧カットアウト


 高圧開閉器
一言で言うと電路の入切をするためのスイッチです。
一般家庭の100V(または200V)であればブレーカーで切れますが、高電圧になると簡単に切ることはできません。高圧開閉器は、鉄のケース内(ケースに入っていないものもあります)にスイッチの接点が収められており、これを繋げたり、離したりすることにより電気の入切を行います。

スイッチを切る際に発生するアーク(火花)を消弧させる構造により、鉄箱の中という限られたスペースの中で、いかに早く確実に高圧の電気を切るか。ここに当社の技術が活かされています。
また、最近ではIT技術を取り入れたものも製品化しています。
高圧開閉器


 太陽光・風力発電用リングメインユニット
再生エネルギー固定買取制度の開始により大型の太陽光発電、風力発電の建設が盛んになっています。
リングメインユニットは再生エネルギーで得られた電力を系統へ接続する際に多く用いられており、多くは22kV、33kVとなります。
すべて真空バルブを使用し SF6ガスを使用していないことからクリーンエネルギーに最適です。
風力発電用開閉器


 ヒューズ
ヒューズといいますと家電製品や自動車に使われているものが身近ですが、当社で製造しているヒューズは、高圧カットアウト内に使用するヒューズや、一般家庭への引込み線に取り付ける電線ヒューズです。
ガラス管ヒューズの高圧版とも言えるもので、変圧器の2次側には必ず付いており、過電流が流れた場合には、ヒューズが電路を遮断します。


 故障標定システム
送電線路で落雷事故等が発生した場合に、その場所を検出するシステムです。
当社製品ではGPSを利用した時刻同期により、標定精度高めているのが特長で、ユーザーはセンサーが感知した情報を通信回線によりパソコン上で得ることができ、故障箇所の早期発見、早期復旧に貢献しています。


 接地抵抗低減材
様々な電気機器をノイズや雷から保護するためには、低い接地(アース)抵抗値とそれを持続させることが必要になります。
当社の「イージーアース」はゲル状の接地抵抗低減材で、いつまでも固化せず、土壌が動いても有効な接地を持続します。また、有害物質を含まないため、環境に優しい製品です。
イージーアース
当サイトについて会社案内採用情報お問合せ個人情報の取扱について中文English
Copyright (C) 2011 Nippon Kouatsu Electric Co.,Ltd. All rights reserved.