接地抵抗低減材 イージーアース: 各種接地極への適用例

接地棒の場合

・施工穴に約半分の低減材を流し込みます。
・接地板をセットし、残りの低減材を接地板の上に流し込みます。
・低減材の使用量は0.3㎡/袋が目安です。
・ 接地棒の先端が100~150mm出るように打ちこみます
 

接地板の場合

・施工穴に接地棒を打設します。
・接地棒の周囲に低減材を流し込みます。

埋設置線の場合

・埋設置線を施設します。
・埋設置線を覆うように低減材を流しこみます。
  低減材の使用量は2m/袋でが目安です。
・埋設置線は、地表から750mm以上の深さになるように施工してください。
 
(C) 2006 日本高圧電気株式会社