日本高圧電気メインサイトへ
太陽光・風力発電向 特別高圧受電設備用リングメインユニット(遮断器・開閉器) :24kV−630A・35kV-630A
太陽光・風力TOP 再生エネルギーへの取り組み 導入実績 製品案内 エンジニアリングサポート お問い合わせ



再生エネルギーへの取り組み

近年、環境意識の高まりや2011年に発生した東日本大震災の影響により従来の化石燃料を使用しないクリーンな発電方法、いわゆる再生可能エネルギーに注目が集まっています。

自然豊かな日本には大きな再生可能エネルギーのポテンシャルがあるものの、これまでコストが高いなどの理由により十分に普及が進んできませんでした。
政府の方針では2030年時点で導入水準を現状の約12%から約22%〜24%の約2倍を達成するように取り組まれています。

2011年に発生した大震災によりエネルギーに対して関心が高まったこともあり今後さらに全国で導入が拡大されていき、将来は国内エネルギーの主流となる可能性もあります。

再生可能エネルギーの数ある発電方式の中でも太陽光・風力発電、最近では洋上風力発電が全国で進んでおり、弊社製品はこの分野での適用も想定されております。

これまで50年以上にわたり弊社が国内配電市場で培ってきた技術やノウハウと海外での実績のある優れた製品により今後も再生可能エネルギー市場を支え続けます。




 
(C) 2006 日本高圧電気株式会社